患者さん向けのやさしい医療情報

 

ケガをした場合の応急処置



<
出血対策>

頭部、顔面、手は血管が多く、小さ なケガでも多量に出血する事があります。
ガーゼを数枚重ね、数分間圧迫してください。まず止まります。
ひもなどで縛る事が行われますが、30分〜1時間を超えると、循環障害や神経麻痺を生じる危険性もあり、原則として行うべきではありません。

<
汚染対策>

土砂などの異物が混入することがあります。水道水などで創部を数分間洗浄し、土砂を洗い流してください。
その後、医療機関を受診しましょう。
医療機関では創をきれいにしてから、創の閉鎖(縫合、時には植皮)が行われます。




応急処置 

 

 




           斎藤リウマチ科・内科・整形外科ホームページへ   

 



inserted by FC2 system