熱中症


日差しの強い太陽の下、激しい運動と地面よりの輻射熱により熱中症が襲ってきます。

閉め切った体育館でのスポーツは特に注意が必要です。

バレーボールなどでは1試合で5リットルもの汗が出ます。体の中の血液の量に相当します。

汗で失った水分を補給しないと脱水症となり、体温が上昇し熱中症で命取りとなります。

  

<応急処置> を早めに

●軽度のものは 

 @衣服をゆるめて、

 A涼しい場所を選び、

 B頭を低くして寝かせ、

 C水分の補給で通常は回復します。


●少しでも意識がおかしい時には
       
重症と考え、救急車を呼びましょう。

  



   

          説明図の借用もと:新訂目で見る救急救命処置第2版:日本臨床社、2002,4



       斎藤リウマチ科・内科・整形外科ホームページへ


      
患者さん向けのやさしい医療情報
inserted by FC2 system