患者さん向けのやさしい医療情報

交通事故の医療


 

一般の病気・ケガには<健康保険>、労働災害には<労災保険>があり、交通事故には<自賠責保険>があります。

<
自賠責>国の強制保険です。医療費・慰謝料・休業補償が含まれます。その80%が保障限度額以下で黒字です。
重症患者では、加害者の<任意保険>から不足分が補償されます。


    ********************************************************

営利を目的とする損保会社は、しばしば被害者や加害者に嘘をつきます。
人身事故でないと保険は使えないとか、
任意保険分支払いを抑えるために、当然自賠責を使うべきケースでも、健保の使用を執拗に言ってきます。


最近しばしば起こるトラブルのもとは、自賠責を使うべきところを、自分にかけた交通事故傷害特約を使わせる方法です。
(その本来の目的は、自損事故で相手がいない場合、100%過失が自分にあり自賠責も使えない場合にかぎるはずのものです。)

自賠責保険を使わず、健保で治療してくれ、契約上そうなっているから、と言ってきます。
時には、一方的な自分の過失なので、自賠責保険は使えないからと、患者さんに嘘をつかせる場合もあります。
その方が損保会社の利益になるからです。加害者、被害者ともに同じ損保会社の場合、損保会社相互につるんだりしているのでしょう?
健保本来の目的を踏みにじった、社会正義上許されざる卑怯な考え方です。

後になって、自賠責への請求書類の細々した記載を強要してきます。結局は、損保会社はすべてを(使えないと言っていた)自賠責保険へ請求して回収するカラクリです。じつにケシカラン仕組みではありませんか。

当院では、診療の都度、診療明細つき領収書を出している。患者さんと貴社との契約の問題であって当方とは関係ない。さっさと契約通り支払ってあげたらいい、と切り捨てます。
健保で治療している以上、そんな営利目的の勝手都合の余分なサービスまで、当院は協力し提供するつもりはない、と突っぱねています。
それで納得できないのなら、他の医療機関で治療してもらいなさい、と断固拒否します。


監督官庁は、損保業界に対して、強力に行政指導をするべきです。
労災隠しの健保使用はきびしく指導され、患者本人に返金請求がなされます。
交通事故隠しは、なぜ見逃しているのでしょうか? じつに不思議です?
公平ではありません。
うまみたっぷりの天下り先確保のため、みて見ぬふりをしているのでしょうか?
政治献金をたっぷりもらって、政府も政治家も目が曇り、国民の健康保険財政を犠牲にして、損保会社の営業利益出しの後押しをしているのでしょうか?
医療保険などで、意識的な保険金不払い多発が、社会的問題になっていました。
しかし、
交通事故がらみの不払いは、はるかに大きく多く、巧妙かつ悪辣だ、と感じているのは私だけでしょうか?


    ********************************************************

損保会社の営利のために、健保を使うなど言語道断です。
お断り致します!!!

健保は、自賠責や任意保険へ再度請求
する手間や費用ががかかります。

自賠責治療は、労災医療が準用され、保険点数は1.2です。
健保ほど治療制限がなく、患者さんにも有利です。

交通事故で健保を使えるのは、自損事故、ひき逃げ、盗難車事故など、やむおえない場合の救済措置に限ります。
<3者行為による障害届け>をだして、保険者の了解が必要です。

また、建前上からも、事故関係の書類は一切かけません。その必要もないはずです。
詐欺まがいに<自賠責>にも2重請求
する損保会社(代理店)もあるようです?


    ********************************************************

別に非常に困った問題も起こります。
(
交通事故)(他の病気・ケガ)とを分けて、別々にして健保へ請求できません。
元々、慢性病で通院されている方や、途中で風邪薬や胃腸薬などを追加しなければならない場合、ゴチャゴチャになります。


    ********************************************************

交通事故の医療は、トラブルに巻き込まれることも多く、医療機関にもストレスが多く決して歓迎されるものではありません。

 



交通事故と健康保険



  
         06,8 土手の昼顔



       斎藤リウマチ科・内科・整形外科ホームページへ




inserted by FC2 system