患者さん向けのやさしい医療情報
交通事故なのに社保・国保で治療したい



 
事故相手もはっきりしており、当然車に掛けてある自賠責保険任意保険を使って治療するべきケースです。
 社会保険や国民保険は、病気やケガのためのものです。交通事故や労災事故の治療に使うものではありません。相手に気を遣ったり、
保険会社の営利目的に利用されるべきではありません。

 
当院ではお断りいたします。私の正義感からです。

 自損事故やひき逃げ、盗難事故車など
やむを得ない事情で保険を使うことは確かにあります。社保・国保から自賠責へ更に請求したり、事務的経費も余分にかかり、膨大です。

      ********************************************************

 交通事故は協定により
労災事故医療に準じて、1.2倍の点数付けですが、かなり治療の自由もきき、患者さんにとっても有利です。

 保険会社は営利目的で、自賠責への請求業務の事務的経費を削ったり、任意保険への食い込みを防いだり、支払いを渋ったり、強引に治療を打ち切ったり、社保・国保での治療をすすめたりします。
これこそ政府が強力に監督指導するべき立場なのですが見て見ぬふりです。

      ********************************************************

 
医療保険で治療する場合、更に困った問題は、以前からの慢性病や、風邪や胃腸病などで併せて治療している場合に、区別して別々の請求書(レセプト)を作る事ができません。ゴチャゴチャになってしまいます。





   
05,8 シシトウ


   斎藤リウマチ科・内科・整形外科ホームページへ







inserted by FC2 system