患者さん向けのやさしい医療情報

 
大学医局制度の事実上崩壊。(弊害が大きかったことも事実です)、それに頼っていた僻地医療や地方医療への医師供給システムの崩壊が2次的に起こりました。


  これらは、卒後研修制度改革が引き金になったことは事実です。しかし、奴隷医制度と揶揄されていた従来の封建的な医局制度そのものが最大の原因です。若手医師に見放され、自壊したのです。卒業生が自由に研修先を選択できるようになり、多くの大学医局が、その選択対象から外されました。大学病院のスタッフ不足は深刻です。臨床業務はおろか、教育にも支障が出てきた大学も多くあるようです。

 
根本的な大学病院改革が必要です。それも他大学に先んじて研修病院の体制を整える必要があります。厳しい大学間、病院間でのサバイバル戦争が始まっているのです。
確固たる研修カリクラム、安全で能率的な教育プログラムを速やかに作成するべきです。看護婦部門・コメディカル部門を含めて機能的能率的に大改革し、勤務医、研修医の雑務をなくし、研修医や若手スタッフ医師の支持を獲得しなければなりません。
それがなされず、医師達に見放されたままのところ、旧態然として派閥抗争にうつつをぬかしているようなところは、
自然淘汰されていくでしょう。

         *************************************************

 小山の大将として君臨してきた
地方医大により問題が多いようです。そのぶん自己改革が難しいのかもしれません?
 医局員は無給に近く、労働環境も劣悪です。自分の意志で研究(研修)をしているのであって、ボランティアとして診療手伝いもしているのであるという建前です。
最低賃金以下でも労働基準法に抵触しない正に奴隷なのです。労働者ではありませんから、労災も認められません。
 
こんなアホな状況は改革されなければなりません。医療界全体、医師の労働環境全体にまで悪影響しています。
 入局メリットはすでに消滅しています。旧態然とした大学病院はさらなるスタッフ不足を招き、診療や教育も不可能になっていきます。

 地方大学の一部は
都会の有力大学の関連病院に成り下がったり消滅したりと、医大の統廃合や再編が、近い将来に必ず起ってくるでしょう。
 現在人気の高い
都会の有力大学であっても、もし改革が遅れれば、明日は研修医に見放される運命でしょう。

 どうでもいいような医学博士号を餌にして、容易に
無給奴隷医を獲得できたような医局絶対専制主義の時代ではもはやありません。よりよい臨床修練は、外の病院の方が進んでおり、能率的です。インターネット社会です。容易に情報は流れ共有されています。

(将来振り返ってみれば、自浄能力がない以上、大学病院改革のプロセスとして、医大の統廃合や再編は避け得ないことだった、ということになるのかもしれません。)


         *************************************************

 また、
市中病院においても同様です。
従来の大学医局に頼って、自前の教育を怠ってきた病院側の甘え、自立意識の欠如も医師供給システムの崩壊をもたらした原因の一つです。
研修能力をもった病院は従来以上の研修医を確保しています。
 
多くの病院もまた淘汰されるでしょう。

         *************************************************

 
医師の流動化は自然の流れです。
自由経済の原則を無視し、補助行政に浸りきった、頼り要求するだけの
地方行政や地域住民の問題解決意識の欠如もあります。

       2007.4.22



医療費総枠拡大のための財源はあるのか?
医学部に地域勤務枠、卒後10年僻地勤務義務 2007,5,13(読売新聞)
医師臨床研修、臨床研修マッチング



 
       
2007,5,4 オダマキ


    斎藤リウマチ科・内科・整形外科ホームページへ




地方大学医学部、存亡の危機

inserted by FC2 system