患者さん向けのやさしい医療情報

 世界的にみても珍しい、前時代的な助産師制度が残っています。

 
出産は正常分娩であっても、突然何が起こるかわかりません。安心安全な出産など絶対にないのです。正常分娩は助産院で、などのキャンペーンがどうして安易にうてるのでしょうか? 誰が正常分娩(安全な分娩)と判断するのですか?
産科医がほとんどいなかった時代ならいざしらず、今日の進んだ医療状況下でも、
助産所で出産が行われていること自体が異常ではないでしょうか?

        ********************************************************

 産科医師を悪魔のように非難し、助産師(や助産所)を神の使いようにあがめる、
カルト宗教にも似た団体(市民団体)もあるようです。マスコミや他の一般市民を扇動し、正義の仮面をかぶって、各地で産科医療を非難しています。その結果、地域中核病院から産科医(のみに限らず他の診療科の医師もそんな風潮に嫌気がさしています)の逃散をまねき、産科医療の崩壊を加速させています。
 何か突発的な事態が発生しても、妊婦と助産師とで最後まで自己責任をとるのなら、それも結構でしょう。しかし、散々産科医師を非難したあげく、
緊急事態の尻ぬぐいだけは産科医へ押しつけ、自分達の責任を逃れようとする動きは、卑怯であり、問題でしょう!

        ********************************************************

 看護師・助産師側の圧力もあってか?、
産科医監督下での看護師内診行為までも禁止しました。さらに助産所の嘱託医を産科医に強制して、リスクを産科医へ転嫁させようとする動きもあるそうです。
産科医は、哀れにも四面楚歌の状況下におかれているようですね。同情するばかりです。
助産院の嘱託医を、産科医がこぞって拒否するのは、自己防衛上、当然の流れでしょう。

 
産科医療破綻のトドメを刺したのは、産科医療現場の窮状を無視し、助産師側の圧力に配慮した、厚労省看護課の独断的な≪通達≫といわれています。
それにすばやく反論できない日本医師会や日本産科学会の弱腰にも大いに問題があります。

        ********************************************************

 先頃の医学会総会に私も出席しておりました。
産科医監督下での看護師の助産介助を認めるべきだ、と
出産現場の窮状を切実に訴えていた現場産科医の意見を、鼻先であざ笑うかのように取り合わず、論点をそらし、自分たち看護師・助産師の権益の確保と地位の向上だけを唱えていた南野元法相(看護師の親玉)の、いかにも政治家らしい無神経な態度がやけに印象的でした。

 臨床研修の場での助産婦の卵(看護師)の内診は認め、看護師の産科医師監督下の内診(内診ではなく、子宮口開大の計測にすぎない、判断は産科医が行うのだからと言われている)は認められない事の間には、どのような法的根拠が存在するのでしょうか?  単なる
厚労省看護課の圧力のかけかたの違いによるものではないのでしょうか?

     2007.4.18



産科医療現場の窮状・悲惨さ
    福島県立大野病院:加藤産科医師逮捕・起訴 死亡事故が思わぬ波紋
        大野病院、加藤医師、無罪:その評価・波紋と医療崩壊への影響 (2008.8,20.)
    分娩中意識不明の女性、18病院受け入れ拒否、死亡 
(2006,10,17 岐阜新聞)
    島でお産ができなくなる。隠岐、産婦人科医ゼロへ
    産科医療の崩壊と助産師制度、≪最近の通達≫
    救急飛び込み出産のハイリスク、非常識、費用不払いが高率、
(2007,10,14岐阜新聞)
    産科医療現場の過酷さ、悲惨さ 
2007,10,06岐阜新聞
    飛び込み出産のリスク、費用の踏み倒し、赤ちゃん置き去り(2007,8,31新聞紙上に拾う)
    
モンスター患者・医師の専門性の軽視・治療の規格化 (2008,8,23,岐阜新聞)
    
周産期医療の窮状、モンスター患者、モンスター家族 (2008.9.1.岐阜新聞)
    産科救急医療、首都東京でさえ壊滅状態 (2008.10,22.岐阜新聞)
        周産期センターの崩壊、いったい誰が悪い


医療の崩壊、破壊、労働地獄
    医療の危機的状況
        ≪人頭払い≫と≪かかりつけ医≫   
        
開業医へ救急医療を押しつけ
        救急医療の回避、よきサマリア人の法律
        
産科医療の崩壊と助産師制度、≪最近の通達≫
        
インターネット(電子媒体)での診療報酬請求を強制
        院内調剤の破綻、医療経営の深刻化
        病診連携は絵に描いた餅
        医師の不足と偏在、地方の医師不足
        大学医局制度の崩壊と地域医療医師供給システムの崩壊
        小児医療無料化政策と小児医療現場の地獄絵図
        全国規模で医師の逃散現象  月刊保団連2006,6より
        医療費総枠拡大のための財源は?
    日本の医療費は本当に高いの?
    日本の医療が崩壊する(三重県医師会)
    医療崩壊をくいとめよ、年金問題より医師確保を

    
モンスター患者・医師の専門性の軽視・治療の規格化 (2008,8,23,岐阜新聞)




  
      
2007,4,22 椿


      斎藤リウマチ科・内科・整形外科ホームページへ




産科医療の崩壊
      と助産師制度

inserted by FC2 system